最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー

難病と戦う

潰瘍性大腸炎は特定疾患と認定されている難病の一つです。潰瘍性大腸炎になると、長期に渡る治療が必要となります。
日本には、現在潰瘍性大腸炎の治療をしている患者が13万人以上もいるとされています。潰瘍性大腸炎は、20代で発症することが多い病気ですが、20代を過ぎたからと言って安心できません。
30代で発症する人もいれば、70代という高齢の人が発症することもあります。
原因は、自己免疫反応の異常や食生活の変化など、さまざまなことが憶測されていますが、はっきりとした原因はまだ解明されていません。そのため、原因を追求する治療が確立できていない現状があります。
遺伝子の影響も可能性として挙がっているため、発症した場合はクリニックで適切な治療を受けることが大事です。

クリニックで行う潰瘍性大腸炎の治療法には、さまざまなものがあります。内科治療と外科治療に分かれています。
内科治療では、炎症が収まっている状態を維持する治療法方針が行われます。クリニックの内科治療は、潰瘍性大腸炎が完治することは無いのですが、炎症を抑えてこれ以上悪化しないようにすることが出来ます。
内科治療で効果を得られない場合や、副作用で内科治療が出来なくなった場合は、外科治療が行われます。
外科手術は、大腸を摘出する手術が行われます。その後、小腸と肛門をつなぐ処理が施されます。手術後は、これまでの日常生活と、何ら変わりのない生活を送ることができます。
内科治療で効果を得られない場合は、早急に外科治療に切り替える必要があります。

潰瘍性大腸炎になると、大腸がんに発展する恐れもあります。しかし、ごく稀なケースだと言われているので、早急に治療に入ればガンのリスクも低くなります。
ガンに発展させないためにも、絶対に放っておかないようにしましょう。

潰瘍性大腸炎は特定疾患に指定された難病のため、公費で治療費を賄うことが可能です。それには、保健所申請をする必要があります。
申請後は、審査に期間が必要なため、早めに申請することをオススメします。

Other Site

漢方薬を試したいなら潰瘍性大腸炎の専門サイトに薬膳レシピが載っていますよ!ぜひ参考にしてみてくださいね!

たくさんの方の支持を集めるこちらの病院での治療を依頼しましょう!きちんと診てくれる先生がいるので安心ですよ。

カレンダー
2014年11月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930